深川初句会のご案内

深川初句会のご案内
日  時:1月8日(水)午後1時
会  場:森下文化センター
会  費:2,000円
第1句座:自由題5句出5句選
第2句座:席 題3句出3句選
*大谷主宰ご出席の句会です。
 皆さまのご参加をお待ちしております。

12月深川句会のご報告
*12月4日,28名
(第1句座、自由題、5句出5句選)
◎特選句
茶の花やあの日だまりに母のゐる   道子    
あーうーは歌のはじめや龍の玉    寛子
愛の人悴む人の輪の中へ       怜       
ひらひらと鮃は砂となりにけり    和子
元気でゐよと無理難題を寒卵     純子
葱きざむえつちらぎつちら麻痺の手で ひろし
○入選句
赤松にしぐれは息を吹き込んで    寛子
冬晴やのらくろの見た同じ空     節子
八百屋の子葱むいてから登校す    伸子
十二月八日地球儀に赤き日本     道子
熱燗やせめて東京五輪まで      四郎
寒鰤を一気に捌く男ぶり       和子
抱き上げて子に頬ずりを木の実降る  純子
灯台は大根畑のその向かう      俊一
大綿のふくらみちぢみかくれんぼ   秀子
風呂の柚子返せば鳥の食ひしあと   宣行
蟹の宿丸ごと蟹の匂ひして      逸郎
心音の遅速を聴くや懐手       怜
池普請かみつき亀も出できたる    道子
(第2句座,席題「初氷、鍋焼、目貼」3句出、3句選)
◎特選句
目貼して歌仙の小町ひとり占め     秀子
鍋焼きの継ぎも見事な蓋ならん     遊歩
鍋焼を食うて真赤ぞ金太郎       宣行
教室に初氷ある一限目         尚子
〇入選句
赤ん坊の見るもの熱し初氷       寛子
目貼してふつふつわかす煎じ薬     伊豆山
目貼して鯨の胎にゐるごとく      秀子
目貼してすぐに子猫にやぶられる    明子
これなんの切れつ端かや鍋焼きに    直子
(鈴木伊豆山記)

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です