6月の東京句会ご案内及び5月のご報告

6月の句会案内
日時:6月16日(日)
集合:午後1時
会場:江東区文化センター
住所:〒135-0016 東京都江東区東陽4-11-3
電話:03-3644-8111
*アクセスはこちらをご覧ください→地図
会費:2,000円(学生半額)
*大谷主宰ご出席の句会となります。
*一句座(8句出/5句選)でおこないます。
*投句は持寄と席題を合わせて8句とします。
*以下のような流れを想定しています(目安です)。
席題発表:13時
投句:13時~13時45分
選句:13時45分~15時45分
(休憩15分)
披講と評:16時~17時

5月の句会報告(24名参加)
〈第一句座 8投句(席題3句以上)/5句選句〉
「胡瓜」「滝」「青嵐」
◎特選
萎みても金のかんむり花胡瓜    和子
割るほどは上手くたためず天道虫  雅子
笠智衆ただ一本の胡瓜かな     一郎
釘打ちのこだまとなりて簗をさす  あけみ
菫草また漱石が来てしやがむ    美沙子
◯入選
曲がりても味は一級吾が胡瓜    佐幸
ぽい破るたび強くなる金魚かな   一郎
漱石の生れ変はりはどの菫     美沙子
原句 あかあかと巨木脈打つ夏はじめ   秀子
→  あかあかと脈打つ巨木明易き
原句 手に乗りしかまきりの子の重さかな 祥子
→  手に乗りしかまきりの子の軽さかな 
原句 大滝の山もろともに落ちてくる   順子
→  大滝や山もろともに落ちてくる
原句 ちらとかすめそれつきりなる夏燕  菊江
→  夏燕ちらとかすめてそれつきり
原句 夫好きな物でいつぱい冷蔵庫    和子
→  大好きな物でいつぱい冷蔵庫
〈第二句座 席題3句〉
「鵜」「栗の花」「夏場所」
◎特選
虚と実のあはひに覚めて栗の花   かよ
原句 大川の鵜の目にのこる火の記憶   千方
→  大川や鵜の目にのこる火の記憶
◯入選
鵜飼舟ほめてなだめてまた放つ   京子
原句 馬小屋は今は空き部屋栗の花    菊江
→  馬小屋は今は空き小屋栗の花

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.