6月、東京・神奈川吟行句会のご案内&句会報告

★日 時:2019年【令和元年】6月22日(土)  午前10:00

★集合場所:京王井の頭線 永福町駅 改札口
永福町駅へは渋谷から急行で8分、普通で12分です。早くいらした方、集合に遅れる方は吟行をすませて句会場にお入りください。

★吟行地 :大宮八幡宮と和田堀公園
永福町駅から大宮八幡宮までは徒歩12分ほど。大宮八幡宮の林から橋を渡ると和田堀池と公園が広がります。

★句会場:永福和泉区民センター3階第6集会室 13:00~17:00
〒168-0063 杉並区和泉3-8-18 電話 03-5300-9411
永福町駅から徒歩3分。大宮八幡宮からは徒歩15分。※駅周辺には飲食店が多数あります(昼食を済ませて句会場にお入りください)。

☆大宮八幡宮の広々とした境内には社殿、末社、竹林などが点在しています。社殿前には夏越の祓の茅輪がかかり、境内の大きな菩提樹は香り高い花を散らせ始めている頃かもしれません。赤門(北神門)から出ると弓道場があり、雑木林を下って御供米橋を渡ると和田堀公園です。
☆和田堀公園は善福寺川の氾濫などで自然に池ができ、周辺を整備して公園にしました。 和田堀池は大小二つの中島があり、都内では数少なくなった野鳥が棲んでいます。
☆出句は10句、7句選です。13時30分を締め切りとします。
☆どうぞお出かけ下さい。[係:大場・神谷・葛西]

5月の吟行会報告
 薔薇香る旧古河庭園を吟行。参加者は、19名。

 真つ青に夏空みがけブラシの木     明子
 まんまるの血球となりて山蚊かな    靖彦
 見つめればいささか暑しブラシの木   邦吉
 木の国ぶり石の国ぶり夏館       千方
 時々は考へるふり水馬         京子
 涼風を連れて男の日傘かな       宣行
 大滝のしぶきに咲いて苔の花      和子
 湯船にはあふるるほどの薔薇入れよ   梅子
 その上を日傘が通る滝見かな      博
 薔薇園を一夫多妻と言ふ蛇笏      美沙子
 花ユッカ洋館の窓開かれて       秀子
 緑蔭に人染まりゆく濃く淡く      美津子
 よき風に大口あけて氷菓かな      佐幸
 路地奥に井戸ある暮し吊り忍      伊豆山
 水馬臥竜の松の下走る         ひろし
 散らんとす薔薇にささいな愁ひあり   菊子
 薔薇園に来れば必ずバラアイス     侑子
 横たはるベンチに夏日容赦なし     菊江
 ジョサイア・コンドル薔薇の中よりコンニチハ 四郎

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.