10月、東京神奈川吟行句会のご案内&句会報告

日時:
10月28日(土)午前10時

集合場所:
東西線、西葛西駅北口
*東京メトロ東西線西葛西駅下車、徒歩15分。都営新宿線船堀駅下車、徒歩20分。都バス新小21系統、総武線新小岩駅から北葛西2丁目下車。
*早めに着いた方、集合に遅れる方は、各自吟行をすませて句会場にお入りください。

吟行地:
行船公園自然動物園(入園料なし)
〒134-0081 江戸川区北葛西3-2-1 電話03-3680-0777
*池を囲む緑豊かな築山池泉廻遊式の日本庭園です。池の畔には源心庵、林泉亭などがあり、四季折々の美しさを楽しめます。自然動物園には、フンボルトペンギン、レッサーパンダ、シロフクロウ、プレーリードッグなどのたくさんの野生動物を身近に観察出来ます。「行船」の由来は、地元の田中源氏が東京都へ寄付した時に、田中源氏の屋号「行船」にちなんだものです。園内には石田波郷の句碑もあります。

句会場:
江東区文化センター第一会議室 午後13時〜17時
〒135-0016 東京都江東区東陽4-11-3 電話03-3644-8111
*東京メトロ東西線東陽町駅下車、1番出口より徒歩5分。西葛西駅より2つ目です。西葛西駅に行く間にレストランが、たくさんあります。食事を済ませてお入りください。

出句:
10句13時半〆切(7句選、1句特選)

*今回のコース設定は、持田明子さんがしてくださいました。どうぞお出かけください。
[係:大場・神谷・大平]

9月の句会報告

小石川後楽園を吟行しました。参加者は、19名。

天上に咲けと蓮の実とばしけり   佳余子
億年を生きんと飛んで蓮の実    和子
かたまつて咲いてもさびし曼珠沙華 梅子
人生に山ほどの悔ざくろ割る    佐幸
こはれゆくもの美しき萩の露    宣行
木のベンチ石のテーブル木の実降る 道夫
たのしげに追はれてをりぬ稲雀   道子
水澄みて心もすみて雨上る     侑子
破蓮のぶつかり合ふも浮世かな   洋
地震で焼け戦で焼けて曼珠沙華   光枝
乾坤の蓮の実飛びぬ廬山まで    元子
金木犀みなみな指でさすところ   靖彦
蓮の実の飛んでま昼のしづかさよ  順子
曼珠沙華恋に狂ひし昔あり     博
一果とて貴重なざくろ紅をさす   あつ子
唐崎の一本松は色変へず      ひろし
頼りなき草にしなひて秋の蝶    寛子
蓬莱島小さき祠に残る虫      昌子
色変へぬ松の奥にも彼岸花     明子

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.