10月 深川句会のご案内

10月 深川句会のご案内

日  時:10月25日(水)午後1時
会  場:芭蕉記念館分館
会  費:2,000円
第一句座:雑詠5句出5句選
第二句座:席題3句出3句選
*大谷主宰ご出席の句会です。

9月深川句会のご報告
*9月27日、芭蕉記念館本館
*席題「雁渡し、刈田、紅葉鮒」
*一部直しが入っています。
*◎が特選です。

◎蔓たぐり不出来の秋がごろごろと  節子
◎生涯は大いなる愚ようろこ雲    秀子
◎秋の駒嬉々と一茶をのせ跳ねる   佳余子
◎竜潜む心の淵をのぞきみん     梅子
◎生れし子を千種と名づけ水の秋   間宮伸子
◎深みゆく老いくれなゐに紅葉鮒   宣行
◎大津絵の鬼も釣るらむ紅葉鮒    ひろし
◎淡海てふ母のふところ紅葉鮒    逸郎
 小鳥来る深みゆく老い楽しまん   怜
 かの岳の雪のしづくや黒葡萄    元子
 稲妻や竹の茶杓に節の峰      幸三
 蚯蚓鳴く心の闇に添ふごとく    順子
 毬の中ことしの栗はよく笑ふ    怜
 竜淵に潜む如くに上り窯      ひろし
 月光の金のまなこの山猫よ     秀子
 子規健啖梨を喰らひて梨頭     遊歩
 残る歯で呵呵大笑の敬老日     俊一
 刈田道大愚なるまま老いゆきて   伊豆山
 姉妹の墓は離れて刈田かな     間宮伸子
 百姓の結ひの力や刈田原      靖彦
 悠然とおのが刈田をめぐる人    佳余子
 牛蒡にも気づかれぬうちすつと引く 和子
 昼の虫ちんちんちんと九月行く   弘美
 遠き日を風の吹きゆく刈田かな   邦紀
 百名山先づ大雪山の紅葉かな    伊豆山

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.