2月 深川句会のご案内

2月 深川句会のご案内

日  時:2月6日(水)午後1時

会  場:森下文化センター

会  費:2,000円

第1句座:雑詠5句出5句選

第2句座:席題3句出3句選

*大谷主宰ご出席の句会です。

1月深川句会のご報告

*1月9日、29名

*一部直しが入っています。

*◎が特選句、他は入選句です。

(第1句座、雑詠5句出5句選)

◎船の松納めて常の船だまり     元子

◎射抜きしは鬼か大蛇か弓始     宣行

◎福寿草背筋のばして野に出でん   怜

◎水仙や胸はつて風やりすごす    節子

◎拾得のこれみよがしや初箒     隆子

 年新た大きく割らん古きもの    逸郎

 飛びもせずまた鳴きもせず蜘蛛は冬 間宮伸子

 隣村の独楽の巧者を迎へうち    俊一

 政治家てふあな騒しき礼者かな   靖彦

 載せてみよ体重計に大白菜     はるみ

 輪飾やわが手足なる自転車に    節子

 空つぽの竹屋に竹の初荷くる    元子

 わが道の一茶の大愚雑煮餅     伊豆山

 濁りなきかな文字ならぶ歌留多かな 宣行

 白玉の波のしぶきや初鼓      隆子

 獅子頭脱ぎし君にもあれよ幸    遊歩

 雛めでたお頭めでたや屠蘇祝ふ   逸郎

(第2句座、席題「猿廻し、橇、おでん」3句出3句選)

◎走れ橇幼ななじみが駅に待つ    純子

◎臼載せて正月の橇見えきたる    隆子

◎犬強くなづれば橇が走りだす    順子

 猿廻言うてふくめて出番待つ    京子

 み仏もおでんの湯気をよろこばれ  秀子

 橇いまだ着かず子熊座またたける  桃瑪

 猿廻し地べたこすりて頭たれ    遊歩

 外に出でて郵便橇を待つ子ども   梅子

 おでんの具にたとへて拙の美を論ず 寛子

 犬橇の無限おそれぬ速さかな    伴子

 大鍋のおでんのごとし我が家族   純子

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.