4月、東京句会のご案内

4月、東京句会のご案内

日時:4月14日(土)
集合:午後1時
会場:江東区文化センター(東陽町)
〒135-0016
東京都江東区東陽4-11-3
03-3644-8111
*アクセスはこちらをご覧ください→地図
会費:2,000円(学生半額)
*大谷主宰ご出席の句会となります。
亀戸文化センターではないのでご注意ください

3月の東京句会報告(33名参加)
* 一部直しが入っています。
* ◎が特選です。
〈当季雑詠五句投句/五句選句〉
◎春嵐はづむ名乗りのはるかより  遊歩
◎豪胆の気風棺に眠る春      遊歩
◎月おぼろ洋のはなしもう聞けぬ  ひろし
◎涅槃図にきつと俳句の鬼もをり  佳余子
◎楸邨に良き弟子あまた猫の子も  かよ
◎踏青の君らに翼あるごとく    隆子
◎草餅や笑へば皺のなかに貌    宣行
◎洗はれて山葵のひげの太きかな  京子
◎出て行けりわが手ふり切り恋の猫 寛子
◎抱かれてなほ勝鶏の足掻きせる  道夫
 桜貝けふも目覚めはすこやかに  順子
 崇徳院の天つく怒髪ひじき刈る  隆子
 さよりさより群れてはぱつと散りゆけり 伸子
 薄氷をすべつて遊ぶ小鳥かな   順子
 山桜西行追ひてゆかれしか    佐幸
 醜きもみな夢の種花の種     道夫
 恐竜に会ひたきこころ青き踏む  寛子
 春や春とて故郷には人住めず   あけみ
 何ならん雪崩もろとも地の底へ  常之
 帰るべき一山いまだ深く眠り   隆子
 野一揆の駆けぬけし田や蝌蚪生まる 道夫
 好きな子のピアノに合はせ卒業歌 秀子
 蝮出て兜太なき世や春の闇    千方
〈席題三句投句/三句選句〉
「木の芽」「野遊び」「蛤」
◎日々君が見守る木の芽病窓に   和子
◎雑木の芽森を動かす力たれ    怜
◎かの名乗り木の芽を起す勢たり  隆子
 桜の芽悲しきことは底が知れ   京子
 喜寿野がけ杖引きながら転けながら 伊豆山
 芽吹山いまにもあばれ出しさうな 秀子
 赤あを黄ばくはつしさう木の芽山 秀子
 わが歩み大蛤や尻ふつて     千方
 蛤のあくびの並ぶ桶の中     雅子
 この下に一茶の住みし銀杏の芽  順子

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.