1月 深川句会のご案内

1月 深川句会のご案内

日  時:1月24日(水)午後1時
会  場:芭蕉記念館本館
会  費:2,000円
第一句座:雑詠5句出5句選
第二句座:席題3句出3句選
*大谷主宰ご出席の句会です。
 
12月深川句会のご報告
*12月27日、29名
*一部直しが入っています。
*◎が特選です。

(第一句座、雑詠5句出5句選)
◎丈競ひ合ひしはむかし山眠る    秀子
◎一山は熊の貌なり山眠る      宣行
◎崑崙の星よりひそか鯨の目     和子
◎花咲かす灰にならばや桜榾     幸三
◎花八つ手きのふの蠅が妻連れて   秀子
◎悪人の君よく眠れ布団干す     佐幸
 銭湯や柚子湯のビラを十日ほど   節子
 日のにほひしさう波郷の冬帽子   秀子
 雪よりも真白く沈む鯉ならん    佐幸
 火の酒の酔ひをしづめん蕎麦湯かな 遊歩
 さながらに芭蕉十哲冬木立     洋
 諍ひてその夜シリウス白々と    俊一
 太陽は地球を見つめ懐手      宣行
 障子明りはるかなりけりチバニアン 四郎
 大いなる松を飾るや雷門       梅子
 日向ぼこ良きことだけを真に受けて 森
 数万発核抱く地球年暮るる     逸郎
 ぼろ市やぼろの目利きと待ち合はす 寛子
 年忘れ浅草の灯よ川の灯よ     順子
 焼芋を割りながら癌告ぐる君    いづみ
 みちのくの藁をたたへて飾売    靖彦
 百代を土に生き来て牛蒡注連    伊豆山

(第二句座、席題「待春、初鴉、枯蓮」3句出3句選)
◎待春のヨットの影の氷りけり    幸三
◎富士の水飲んで一声初鴉      遊歩
◎待ちきれず春を迎へにゆくところ  森
 初鴉町でもつとも高き木に     森
 子の一歩二歩三歩春待ちゐたり   明法
 リハビリの一山越えて春を待つ   ひろし
 明王の慈悲の半眼蓮枯るる     佐幸
 神鏡はまだ闇のなか初鴉      秀子
 大志あり七十歳の春を待つ     宣行
 須佐之男を追ひかけここへ初鴉   邦紀
 けふごみは誰も出さぬよ初鴉    四郎
 枯蓮や泥水深く命継ぐ       伊豆山

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.