12月、東京句会のご案内

12月、東京句会のご案内

日時:12月9日(土)
集合:午後1時
会場:亀戸文化センター
住所:〒136-0071
東京都江東区亀戸2-19-1
カメリアプラザ5F
03-5626-2121
*アクセスはこちらをご覧ください→地図
会費:2,000円(学生半額)
第一句座:持寄5句出句5句選
第二句座:席題3句出句3句選
*大谷主宰ご出席の句会となります。

11月の東京句会報告(29名参加)
* 一部直しが入っています。
* ◎が特選です。
〈当季雑詠五句投句/五句選句〉
◎古暦のこりの日々に実りあれ    元子
◎凩や誰を眠らす唄ならん      千方
◎比良を背にしぐれの町となりにけり 梅子
◎粧へる山にまぎれて雉のかほ    千方
 黒潮のなんと気まぐれ新松子    俊一
 世間なぞ恐れず生きよ榠樝の実   洋
 威勢良き馬の尿や落葉掻く     佐幸
 懸崖のかたち崩さず菊枯れる    明子
 蒟蒻も忘れず供へ翁の忌      洋
 河豚食めばだんだん皿に鳥や花   伸子
 捨て切れぬ物に囲まれ冬支度    菊江
 セザンヌの絵よりこぼるる林檎かな 洋
 落葉掻くたちまち袋二つほど    元子
 山茶花をこぼさず蜂の花うつり   秀子
 車庫のあとまだまだ置ける菊の鉢  秀子
 これやこの翁の紙子しみあまた   佐幸
 炎の立つやさくらの色の桜炭    ひろし
 たつぷりと真白き時間毛糸編む   一郎
〈席題三句投句/三句選句〉
「鯛焼」「神の旅」「虎落笛」
◎終バスに乗つて鯛焼たひらげる   元子
◎鯛焼やせめて懐あたためん     洋
◎鯛焼や妻は今頃どのあたり     佐幸
 深川は信仰の町神の旅       あけみ
 子を返せ親を返せと虎落笛     ひとみ
 鯛焼の熱さもろとも飲み込めり   菊江
 鯛焼や次々焼けておもしろき    益美
 家路まで鯛焼ひとつ手をぬくめ   明子

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.