9月 深川句会のご案内

日  時:9月27日(水)午後1時
会  場:芭蕉記念館本館会議室
会  費:2,000円
第一句座:雑詠5句出5句選
第二句座:席題3句出3句選
*大谷主宰ご出席の句会です。
 
8月深川句会のご報告
*8月23日、芭蕉記念館分館
*席題「水澄む、邯鄲、赤のまま」
*一部直しが入っています。
*◎が特選です。
 
◎扇風機飛べぬ翼をとこしなへ   和子
◎旅果ての翁へ赭き梨進上     桃瑪
◎夏炉といふ静かの海のごときもの 遊歩
◎水の澄む心で彫りし仏かな    隆子
◎鳳凰堂守りし鳳凰水澄めり    佳余子
 飛び入りの滅法強き相撲かな   靖彦
 誰も彼も頭に霜を施餓鬼堂    佐幸
 たましひの御巣鷹山の登山かな  遊歩
 戦死日は八月二十日法師蟬    伊豆山
 逢ひに行く流星弾けとんでをり  伊豆山
 咲きみちて小菊は星のかけらかな 和子
 舫舟に貝がはりつき夏終る    元子
 青空は大きな余白桐一葉     怜
 月見草いまもマグマはどくどくと いづみ
 きらきらと夏を乗せたる神輿くる 幸三
 霧を来し人にミルクをあたためて 秀子
 銀漢や死者は生者の中に住み   順子
 邯鄲の声の彼方に杜甫李白    ひろし
 砂を吐く小貝も見ゆる水澄みて  元子
 邯鄲のこゑ訪ね来よ多摩の奥   遊歩
 金塊のごろごろとあり栗御飯   東久
 月が日を食ふも食はずも空は秋  俊一
 象一族三十頭ゐて水の秋     弘美
 残されし母の時間や夜の蝉    菊江

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です