2017年夏、青年部ネット句会報告

青年部ネット句会2017年夏

参加:15名
投句:3句出3句選

兼題:「どくだみ」「鯰」「早乙女」

〈主宰特選〉
大いなるなまづになれと逃しけり  岡崎陽市
大河ごと釣り上げられし鯰かな   三玉一郎
早乙女の去りて大きな月出づる   高角みつこ
早乙女は祈るがごとく腰曲げて   石塚直子
田の雨にあかるくけぶる早乙女よ  岡崎陽市

〈主宰入選〉
十薬の匂ふボールを投げ返す    吉富緑
十薬や友達と暇もて余し      藤原智子
呑み込みし悪夢重たき鯰かな    イーブン美奈子
水底で星と話してゐる鯰      伊藤空
泥の世を吾ら生き抜く鯰なり    高角みつこ
→泥の世を生き抜く吾ら大鯰
 中七下五の間に間を作りたい。
薔薇は褪せいま十薬の花ざかり   高角みつこ

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です