10月 深川句会のご案内

日  時:10月2日(水)午後1時
会  場:森下文化センター
会  費:2,000円
第1句座:自由題5句出5句選
第2句座:席 題3句出3句選
*大谷主宰ご出席の句会です。

9月深川句会のご報告
*9月4日、23名
*一部直しが入っています。
*◎が特選句、他は入選句です。

(第1句座、自由題、5句出5句選)
◎庭掃きて秋蝶ひとつまたひとつ    京子    
◎秋出水ボートが見舞ふ病院よ     節子
◎露ひとつこぼれてここに種蒔けと   宣行     
◎月山の月より大き芋煮鍋       和子
◎本屋花屋いつもの道に消えて秋    いづみ
◎現世の花野でありぬ棺の中      間宮伸子
 ゆつくりと亀のまぶたや水の秋    寛子
 腸に醸す言葉や月照らす       遊歩
 言霊に素手でふれたし稲びかり    隆子  
 かなかなや残す時間を汝と吾     伊豆山
 草の穂やカンボジアにも閻魔様    伴子       
 走り根とみまがふ宇陀の穴惑ひ    和子
 一俵をひよいと担ぐや村相撲     俊一
 稲妻のやうな歳月詩に捧ぐ      遊歩
 土一寸また一寸と自然薯掘る     ひろし
 残る蚊に喜寿の二の腕呉れてやる   靖彦  
 しんとして蟬の穴より秋の声     順子
 秋澄むや繰り出す毛針意のままに   靖彦
 太太と一茶の里の走り蕎麦      隆子
 鮎急くや流転の錆びをまとひつつ   怜         

(第2句座、席題「秋夕焼、蝗、オリーブの実」3句出、3句選)
◎一鍋に発条も丸ごと蝗煮る      遊歩
◎いなごいなご今際のこゑを持たぬまま 秀子
◎いなごとり少年の秋始まりぬ     怜
◎心臓の機嫌はいかに秋夕焼      怜
◎オリーブの熟れて放哉咳一つ     靖彦
◎入日まで食ひ尽くさんと蝗とぶ    秀子
 島人よオリーブの実に生涯を     節子
 オリーブの実のあをあをと朝の鐘   秀子
 違ふ方へ跳んで一匹蝗かな      宣行
 生涯やオリーブの実の熟す頃     梅子
 いつしんにけふのおかずの蝗捕る   和子
 どの手にも木綿の袋蝗とり      順子
 オリーブの実の島育ち胸豊か     淳子

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.