8月 深川句会のご案内

日  時:8月7日(水)午後1時
会  場:森下文化センター
会  費:2,000円
第1句座:雑詠5句出5句選
第2句座:席題3句出3句選
*大谷主宰ご出席の句会です。

7月深川句会のご報告
*7月3日、25名
*一部直しが入っています。
*◎が特選句、他は入選句です。

(第1句座、雑詠、5句出5句選)
◎老いといふ敵を得たり更衣      宣行
◎漂泊の歌も句もなく海月かな     俊一
◎立葵揺れて一雨来るといふ      伴子
◎白玉や聖母にもある老いの日々    怜
 白き歯をみせて麦藁帽子来る     怜
 守一の猫の繕ふ梅雨入りかな     いづみ
 猫もまた仏の子なり昼寝して     元子
 田植機にけふは手こずりバイク乗り  秀子
 勤めあげほうたる舟の船頭に     逸郎
 出棺や灼けし日傘を脇挟み      秀子
 ナイターや隣りの恋も一得点     遊歩
 貧しさの西日のがるるすべもなく   純子
 黄金の糸をくり出す女郎蜘蛛     梅子

(第2句座、席題「黒鯛、金亀子、合歓の花」3句出3句選)
◎黒鯛の魚拓の黒の凛々しさよ     俊一
◎ぶんぶんぶん恋のかなぶん体当り   和子
◎放さばや胸のよどみを花合歓に    桃瑪
◎黒鯛釣らん東京湾を釣堀に      逸郎
◎寝ぐるしやかまつて欲しき金亀子   和華子
◎コンビニにかなぶんぶんの八つ当り  道子
◎かなぶんがごつんと来たり句にせよと 靖彦
 ちぬといふ闇のかたまり釣り上げぬ  宣行
 民宿の焼けし畳や金亀子       純子
 黄金虫われを灯りと思ふかに     秀子
 楸邨忌合歓の花咲く隠岐の牧     遊歩
 むすめ持つ夢かなはざり合歓の花   寛子
 田仕事の泥足洗ふ合歓の花      純子

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.