6月、東京句会のご案内

6月、東京句会のご案内

日時:6月10日(土)
集合:午後1時
会場:砂町文化センター
〒136-0073
東京都江東区北砂5-1-7
03-3640-1751
*アクセスはこちらをご覧ください→地図
会費:2,000円(学生半額)
第一句座:持寄5句出句5句選
第二句座:席題3句出句3句選
*大谷主宰ご出席の句会となります。
*亀戸文化センターや江東区文化センターではないのでご注意ください。
 
5月の東京句会報告(33名参加)
* 一部直しが入っています。
* ◎が特選です。
〈当季雑詠五句投句/五句選句〉
◎巫女が来て牡丹の傘をさし直す     ひろし
◎ゆつくりと月の満ちゆく新茶かな    隆子
◎鹿の子の跳ねてはこぼす葉洩れ日よ   秀子
◎猿の群大雪渓をのぼり来し       一郎
◎晩酌の肌より上る菖蒲の香       宣行
◎うつくしき斎王代の夏来たる      梅子
◎蛇衣を脱ぎていそいそ次の恋      和子
 半袖をけふは着てみん若楓       順子
 舎利殿の裏はぼこぼこ筍よ       直子
 愛されてフリルいつぱいカーネーション 秀子
 牛角力新島守をなぐさめよ       梅子
 薔薇のあか雨の重さの加はりぬ     一郎
 母在らぬ母の日十年草を引く      道夫
 この村の水番決める一大事       佐幸
 とこしへに泳ぎ変へざる亀ならん    千方
 授乳してもう一潜り磯の海女      俊一
 表札に今なほ龍太燕飛ぶ        道夫
 風と競ひて夏帽をとりあへる      千方
 橋守りは蟇の大将通りやんせ      元子
 うらやまし徹する蟹の横歩き      怜
 涼み来よおほいなる詩の緑陰へ     隆子
〈席題「短夜」「汗」「お花畑」三句投句/三句選句〉
◎太陽や吹き出す汗はすぐ塩に      宣行
◎おのづから老いしこころの明易く    怜
◎これからは汗も涙も独り拭き      順子
◎存へて汗かくことの幸せよ       侑子
 かぐはしきこの世の汗や嬰眠る     隆子
 雷鳥の子が歩きゐるお花畑       かよ
 嬰さぐる汗の胸乳のつめたさよ     秀子
 十年の汗を吸ひたる季寄せかな     直子

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。