11月、京都句会のご案内

  • 日時:11月20日(日)午後1時から5時ころまで
  • 場所:京都市国際交流会館(最寄駅は地下鉄東西線「蹴上」,場所は下記アドレスを)
    http://www.kcif.or.jp/jp/access/
    5句出句,5句選句の2句座を予定しています。席題もある予定。
  • 会費:2000円

※主宰ご出席の句会です。
※時間のある方は,句会の前に句会場の近くの南禅寺,平安神宮,疏水界隈,動物園等を自由に吟行して下さい。
※12月18日(日)は,水尾の里で水炊きを頂きながらの忘年句会を予定しています。

10月例会(16日)の報告

落柿舎での句会でした。当日,野々宮神社で斎宮行列があり,それをご覧になった方も多くおられました。1句座目当季雑詠,吟行句7句出句,5句選,2句座目兼題「身に入む」「栗」,席題「柿落葉」の3句出句,3句選で行いました。12名出席。

身にしむやひとりにかなふ文机       汀
秋晴や電車ぴたりと停止線        英二
親よりも子の病む時代柿落葉      美惠子
無心てふ時間うれしき栗を剥く     美那子
結界を越えたる柿も拾ひけり       まき
火襷の壺割る陶師柿落葉         次雄
さはやかや振袖似合ふ澤穂希       初男
水引の紅をつひばむ雀かな        幸子
秋の蚊の大炊所にひそみたる       京子
絵硝子に夕日差しをり柿落葉      寿美子
秋の日の染み込んでゆく土塀かな     通江
若者の省略造語虚栗           茉胡

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。