2月、青年部句会のご案内

青年部の初句会は、1月21日(金)19時からルノアール飯田橋西口店マイスペースにて行われました。大谷主宰のご指導の下、欠席投句も交えて13名による充実した句会となりました。お忙しい中ご参加いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。一人一人の句に対する講評を聞く場面では、同じ句を選んでも理由がそれぞれあることや、着眼点が違っていることを興味深く思いました。以下に印象に残った句を紹介させていただきます。

寒紅をひいて句会へかけつけん   麻衣子
ふくらんでゐるはいのちぞ寒雀   里美
寒の水玉と弾いて青菜かな     智子
大寒の雫こぼるるセロリ噛む    経武
キューピーのやうな小蕪を洗ひ上ぐ 美津子

第2句座は「落葉」、「寒鰤」を席題に行われました。

寒鰤へ深く大きく包丁す      哲也
落葉道色は三つになりにけり    裕隆

2月の青年部句会は吟行句会になります。詳細は以下の通りです。

  • 日時:2月27日(日)
  • ①吟行:小石川後楽園入口に10時集合
  • ②句会:ルノアール飯田橋西口店(個室マイスペース)に13時集合

大谷主宰がご指導くださいます。
投句の〆切は13時半です。

  • 第1句座:雑詠(吟行句)5句出句5句選
  • 第2句座:雑詠(吟行句)3句出句3句選
  • 第3句座:席題 3句出句3句選

青年部、執行部、各地支部長の方は参加可能です。参加を希望される方は、①吟行と②句会のどちらの時間から参加なさるか、以下の連絡先までご連絡お願いします。

古志青年部副部長 市川きつね
spinach_75☆yahoo.co.jp(☆→@)

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です