5月奈良句会のご案内&4月吉野山花の句会報告

5月奈良句会ご案内

日時       5月11日(土)13時30分~16時30分
会場      都跡公民館 会議室 (奈良市五条町204番地、電話 0742-34-5954)
会場へ経路 近鉄線 西ノ京駅下車 薬師寺→唐招提寺→公民館 約1.2km 20分(下図参照)
吟行      薬師寺、唐招提寺を各自行ってください。唐招提寺では鑑真和上の故郷の花 「けい花」 が見られます。
食事処    都跡公民館のとなりにコンビニがあります。
句座      第一句座  当季詠  7句出句 5句選句
          第二句座  席題詠  3句出句 3句選句

4月吉野山花の句会報告

長谷川櫂先生 特選
しんしんと谷の底より花の冷       洋子
花冷の身を労はん陀羅尼助       まき
吉野山花の奈落に落つるとも      育子 
櫻花壇しづかに眠る花の中       光枝
このままに暮れずともよし糸桜      沙羅 
陀羅尼助花に浮かれて買ひにけり   美那子
陵は春の落葉の音ばかり        美津子
しら魚の命の一句花あかり        洋子 
あなうれし福神といふ花の駅      久美
大岡忌今年も空に花見舟        まき
花の句座俎板買って帰りけり      嘉子
み吉野の竹の子鬱と竹の中       光枝
椎茸のひつそり育つ花の陰       美那子
朝寝せしこともはるかや大広間     美津子
水色の箱にねむれり桜菓子       光枝 
五郎兵衛茶屋山風に揺れ花の酒   忠雄 
微笑むにあらねど花の吉野雛      久美
如意輪寺花に埋つてしまいけり     嘉子
ほら貝は子の頭ほどのどけしや     通江
放蕩や花に憑かれて奈良茶粥     りえこ
花びらをつけて天女魚は焼かれけり  千方
花びらの柄杓新し手水鉢        まき
みよしのの奈落というて蕨狩       洋子
へうたんをあふれまぶしき桜かな    遊歩 
一山をはみだしてゐる桜かな      育子
満山の花に寝ころぶ虚子忌かな    通江

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.