1月、東京句会のご案内

1月、東京句会のご案内

日時:1月20日(日)
集合:午後1時
会場:亀戸文化センター
住所:〒136-0071
東京都江東区亀戸2-19-1
カメリアプラザ5F
03-5626-2121
*アクセスはこちらをご覧ください→地図

会費:2,000円(学生半額)
*大谷主宰ご出席の句会となります。
*一句座(8句出/5句選)でおこないます。
*投句は持寄と席題を合わせて8句とします。
*以下のような流れを想定しています(目安です)。

 席題発表:13時
 投句:13時〜13時45分
 選句:13時45分〜15時45分
 (休憩15分)
 披講と評:16時〜17時

12月の東京句会報告(29名参加)

* 一部直しが入っています。
〈席題3句以上、10投句/5句選句〉
「襖」「時雨」「冬桜」
  <主宰特選>
人類の穢れを浚ひ鯨の胃      千方
開戦日果は国ぢゆう焼野原     常之
いういうと海を布団に鯨かな    千方
  <主宰入選>
須佐之男の捌きし鰤ぞいざ召され  宣行
隙間風木の葉でふさぐ庵かな    明子
雪吊や雪を待ちゐる松清し     和子
魴鮄は大きな顔を嘆きけり     伸子
我もまた美濃の蕉門初時雨     かよ
形見とて誰にやらむか古襖     俊一
山祀る諏訪はとこしへ初しぐれ   祥子
古襖悪戯描きはいきいきと     千方
見せ合はぬ手と手で河豚の袋糶   ひろし
新しき襖の居間をまた覗く     純子
茶の花や茶摘みせぬまま木は高く  俊一
ぼろ市や木偶のまなこの生きてゐて 伊豆山
御威光は襖の獅子の睨みから    佳余子
がたがたと襖はづして鯨幕     かよ
襖絵の阿蘭陀人の古びけり     祥子

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.