12月、奈良句会のご案内&11月の句会報告

12月の奈良句会のご案内

日時  12月8日(土) 13時30分~16時30分

会場  奈良氷室神社 直会殿 (奈良市春日野町1 ℡ 0742-23-7297)

句座  第一句座  当季詠  7句出句 5句選句

第二句座  席題詠  3句出句 3句選句

 

11月、奈良平城宮跡句会報告{25日、平城宮跡公園 天平みはらし館 20名)

長谷川櫂先生の選  ◎特選  

第一句座(当季詠 十句出句 五句選句)

国栖からと柿の紅葉のお鮨かな     嘉子
鴟尾の空冬かがやいてをりにけり    嘉子
踏切をひよいと越えゆく小春かな    洋子
◎冬麗の土器に描かれし笑顔かな    通江
◎寒き世を灯しつづけよ龍燈鬼      育子
山茶花や癩ぬぐふ御手の白さかな    悦子
まほろばを埋めんばかりに落葉かな   史生
目のなかに大極殿や日なたぼこ     通江
初冬の湯気の中から豚まんじゆう     忠雄
◎千年の夢の小筐に鹿遊ぶ        美那子
大樟に鹿のかけよる時雨かな       瑳楓
自転車の音はララララ冬椿          通江
魂のかけらを拾ふ枯野かな         悦子
朱雀門見渡す限り枯野原          通江
◎大仏の座したる国の小春かな      育子
◎此の船で唐から来しか冬うらら      信子
◎若草山うたた寝をする小春かな     育子
◎踏切の音のむなしき枯野かな      美那子
寒晴や五色さうめん干しにけり        嘉子
◎二杯目の茶粥も旨し奈良の冬      楓

◎冠は十二色とぞ柳枯る            嘉子
広大な枯野や奈良に都あり         弘子
この下に都ねむれる冬野かな       瑳楓
◎木簡を削るたちまち枯葉かな       嘉子
ちよつとだけ揚がつてみたる冬ひばり  洋子
◎振り売りの秋草はみな仏かな       久美
◎一枚の冬の日向や都あと          瑳楓
天平よりつづくこの世の枯野かな     忠雄
木簡の墨字かすれて冬ざるる       洋子

第二句座(席題詠 湯ざめ、薬喰 3句出句 3句選句)
八つさんも熊さんも風邪薬喰        悦子
空翔けし役行者の薬喰ひ          豊
◎噛むもあり蹴るもありしか薬喰        硯涯
湯ざめしてしまつてからのちやんちゃんこ 通江
外の湯を七つめぐりて湯ざめかな     洋子
◎長老やいまさら何を薬喰           美那子
◎好物を譲り合ひつつ薬喰          硯涯

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.