12月、東京・神奈川吟行句会のご案内&句会報告

12月、東京・神奈川吟行句会のご案内

★日時:
2018年12月22日(土) 午前10:00
 
★集合場所:
浅草 雷門前
 
★アクセス:
東京メトロ銀座線「浅草駅」1番出口から徒歩2分
他に都営地下鉄浅草線、東武伊勢崎線、つくばエクスプレスなども通っています。集合より早く着いた方、あるいは遅れた方は吟行をすませて句会場にお入りください。
 
★吟行地:
浅草界隈 雷門~仲見世通り~浅草寺など

★句会場:
浅草文化観光センター 中会議室(4F)
13:00~17:00 雷門の対面にある建物です。
東京都台東区雷門2-18-9 ☎03-3842-5501
※食事を済ませて句会場にお入りください。 
※会場の開くのは5分前ごろですので、8F展望テラス、6F多目的ホールなどで時間待ちください。
☆歳末の浅草界隈を吟行します。浅草寺は東京都内最古の寺で山号は金龍山です。浅草神社、仲見世通り、古い商店街、近くを流れる隅田川など、見どころ満載です。
☆出句は10句、13:30〆切。 
✿どうぞお出かけください。[係:神谷・大場・大平]
 
11月の句会報告
白洲次郎、正子が疎開して亡くなるまで住んだ鶴川にある「武相荘」を吟行。照井翠さんが、特別参加して下さいました。参加者は、19名。
 
 最愛の一重瞼の山茶花よ      翠
 すさまじや本の屍の堆く      光枝
 能面の眸の奥や榾燃ゆる      宣行
 ぎいぎいと板敷が鳴る冬が来る   美津子
 火をつくり土をつくりて冬籠    千方
 小面は夢みてをりぬ冬座敷     和子
 無駄のある暮らしのよかれ炉火赤し 梅子
 墓無用遺髪のねむる冬の庭     順子
 竹太く高々と冬待ちにけり     淳子
 過ぎし日々あらかた忘る小六月   純子
 ハイカラな夫婦寄り添ふ冬銀河   ひとみ
 武相荘てふ大山の眠りけり     佳余子
 なにもかも正子好みや冬座敷    道子
 侘助の白こそよけれ武相荘     ひろし
 大仕事をへて輝く竜の玉      明子
 宛らに黄金浄土落葉径       佐幸
 茶の花や銀婚金婚めぐりきて    靖彦
 ツィードのコートは古びさせて着る 京子
 冬紅葉古萱葺きに灯をともし    菊江

One Comment

  1. 石塚純子 said:

    吟行の際は大変お世話になりました。
    私の句ですが、
    「過ぎし日の」ではなく、「過ぎし日々」でした。
    「過ぎし日々あらかた忘る小六月」です。
    拙い句ではありますが、訂正をお願いします。

    2018年12月2日
    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.