11月 深川句会のご案内

11月 深川句会のご案内

日  時:11月28日(水)午後1時
会  場:芭蕉記念館分館
会  費:2,000円
第1句座:雑詠5句出5句選
第2句座:席題3句出3句選
*大谷主宰ご出席の句会です。

10月 深川句会のご報告
*10月24日、27名
*一部直しが入っています。
*◎が特選句、他は入選句です。

(第1句座、雑詠5句出5句選)
◎叩いては飽きて啄木鳥つぎの木へ  梅子
◎亥の子餅どれも笑うてをるやうな  佳余子
◎蛤となりし親恋ふ雀かな      和子
◎鬼の子か造化の神か蓑かぶり    隆子
◎ふと見入る妻の眸に水の秋     宣行
 めでたしよ千草たばねて贈らばや  寛子
 秋深し奈良を思へば八一の書    怜
 茸採に戻れぬ山のありにけり    秀子
 藪分けて雲に分け入り薬掘る    和子
 打ち負けて将棋を崩す夜寒かな   ひろし
 巣を忘れ蟻うろうろと秋しぐれ   間宮伸子
 松手入くろがねの音響かせて    遊歩
 月光にくしけづられて破芭蕉    隆子
 秋高しのらくろ永遠に二等兵    秀子
 大鎌を構へしままや鵙の贄     伊豆山
 べつたら市恵比寿さまにも参らねば 京子

(第2句座、席題「菊人形、馬肥ゆ、茸」3句出3句選)
◎天と地のあはいけとばし馬肥ゆる  靖彦
◎山は唄ひ川は囃して馬肥ゆる    逸郎
◎菊人形一人で持てぬ重さかな    怜
 日の土を雲に蹴り込み秋の駒    隆子
 馬肥ゆる湯殿に嫁の木挽き唄    美沙子
 夜々肥ゆる我が黒馬の尿の音    和子
 笠ならべ旅に発つごと茸かな    遊歩
 厩舎よりはみ出す尻や馬肥えて   京子

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.