10月 深川句会のご案内

10月 深川句会のご案内

日  時:10月24日(水)午後1時
会  場:森下文化センター
     江東区森下3-12-17
     TEL 03-5600-8666
会  費:2,000円
第1句座:雑詠5句出5句選
第2句座:席題3句出3句選
*大谷主宰ご出席の句会です。
 
9月深川句会のご報告
*9月26日、26名
*一部直しが入っています。
*◎が特選句、他は入選句です。

(第1句座、雑詠5句出5句選)
◎へうたんを枕に月を見るとせん  幸三
◎日の本は水を誉まれの曼珠沙華  秀子
◎身ぬちまで丸くまあるく良夜かな 和華子
◎猿どもも憂きことあらんましら酒 俊一
◎老の背は故山に似たり鳥渡る   隆子
◎この羽で山までゆけるかげろふよ 間宮伸子
◎目覚むれば我がをりけり秋昼寝  和子
 鰯雲列車はけふもひた走る    順子
 蟷螂の無垢な憤りと対ひあふ   幸三
 この風に故山の零余子落ちるらん 靖彦
 かき分けて煙の中へさんま市   逸郎
 われが摘みきみがかがりし菊枕  靖彦
 しんとして読経と鋏松手入    宣行
 故郷の桃の香にねむたき心地   いづみ
 青きときたちまちに過ぎ榠樝の実 秀子
 身にしみて築地の猫の行き処   秀子
 薦の身の吾にもひとつ赤い羽根  伊豆山
 銀色の声やもしれず蚯蚓鳴く   いづみ
 霧すうて霧の世界へ迷ひ入る   和子

(第2句座、席題「濁り酒、馬追、無患子」、3句出3句選)
◎すいと来よわが灯の消えぬうち  隆子
◎すいつちよの崖這ひ上る声ならん 遊歩
 馬追のひとつ声髙放生会     伊豆山
 無患子を手ぐさや伊賀の峠越え  隆子
 濁り酒鬼も天狗も一つ輪に    佳余子
 無患子降る新婚の日の深大寺   四郎

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.