7月 深川句会のご案内

7月 深川句会のご案内

日  時:7月25日(水)午後1時
会  場:森下文化センター
     江東区森下3-12-17
     TEL 03-5600-8666
会  費:2,000円
第一句座:雑詠5句出5句選
第二句座:席題3句出3句選
*大谷主宰ご出席の句会です。

6月深川句会のご報告
*6月27日、29名
*一部直しが入っています。
*◎が特選句、他は入選句です。

(第一句座、雑詠5句出5句選)
◎あの頃はみんなおほらか黴にでも   寛子
◎兵の夢の音ならん鉄風鈴       伊豆山
◎隠岐の地図開くやはるか夏怒濤    遊歩
◎夏富士を揺らす団扇の軽さかな    淳子
◎空蟬と臍の緒乾ぶ小引出し      かよ
◎一つ葉の岩わり出づる大暑かな    隆子
◎良く生きて骨もひらたきくらげかな  和子
◎報はれぬ汗を平気でかける人     隆子
 戯れる水の光よ蒲の穂よ       遊歩
 父の日や墓地から見ゆる小さき富士  怜
 ゆゑあつて女将となりし単衣かな   梅子
 青空やパンダ一歳鳴いて夏至     怜
 朝市や牛乳瓶に海胆詰めて      かよ
 武蔵野の明滅深き蛍かな       間宮伸子
 涼しさを汲んでもてなす織部かな   梅子
 昼寝より覚めて十字を切る女     明法
 白神へ傾ぎつつ摘む蓴かな      隆子
 ことのほか鯵の旨さよ梅雨深む    怜
 女郎蜘蛛孕みて腹をすかせをり    和子
 夏の雲ぬつてぐんぐんロープウェイ  明法
 緑蔭や胎へ語りつ編物す       佐幸
 デモの尻に吾ゐて樺美智子の忌    伊豆山
 あぢさゐのかく寄らずともよささうな 桃瑪
 香水の足とまりけり原爆図      ひろし
 蹴られても末は地の糧梅雨茸     佐幸

(第二句座、席題「日傘、水羊羹、蝙蝠」、3句出3句選)
◎かの島の蝙蝠ならば見にゆかん    節子
◎かはほりの飛んで荷風の下駄の音   梅子
 東京に暗渠いくつや蚊喰鳥      和子
 犀川の堤は低しひからかさ      佳余子
 原発の水に太るや蚊喰鳥       宣行
 かはほりや洞に地蔵と同居して    明法
 白日傘相合傘に小さ過ぎ       間宮伸子
 ひからかさ一茶の好きな空いろの   秀子
 内緒とて水やうかんをもう一つ    桃瑪
 フェリー着きつぎつぎ開く日傘かな  佐幸
 かはほりの眠る五橋よ月さして    隆子
 かはほりや灯のともらない地震の町  明子
 かはほりのさかしまの世ぞ面白き   隆子
 追ひついて日傘をたたむ男かな    明法

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.