2月、東京句会のご案内

2月、東京句会のご案内

日時:2月10日(土)
集合:午後1時
会場:亀戸文化センター
住所:〒136-0071
東京都江東区亀戸2-19-1
カメリアプラザ5F
03-5626-2121
*アクセスはこちらをご覧ください→地図
会費:2,000円(学生半額)
第一句座:持寄5句出句5句選
第二句座:席題3句出句3句選
*大谷主宰ご出席の句会となります。

1月の東京句会報告(37名参加)
* 一部直しが入っています。
* ◎が特選です。
〈当季雑詠五句投句/五句選句〉
◎押しくら饅頭負けん気の口ひん曲げて 靖彦
◎この星の回る力を雑煮餅     怜
◎国生みの神をたたへん初山河   梅子
◎放たれて混沌の世に独楽まはる  怜
◎どの子にも抱かれて名なし兎の子 秀子
◎須佐之男のここに一鍬始めけり  靖彦
 面白く住みなすこころ年新た   かよ
 歌留多読むいつしか母の節回し  和子
 恵方より真白き鳥の来たりけり  伸子
 この谷戸の日差しあつまる仏手柑 道子
 白妙の鶴の舞ふかに寒牡丹    ひろし
 初雀いつもの庭のいつもの木   あつ子
 意気さかん子供と泳ぐ寒稽古   順子
 春やいま籠いつぱいのチューリップ 梅子
 山宮のあれは狼煙かどんど火か  俊一
 枯芒お前も年を越したるか    洋
 嘶くは殿の名馬ぞ初山河     ひろみ
 かがやけり歌会始の御席に    梅子
 歌会始三玉の一郎かしこみて   和子
 いとほしき皺の数なり初鏡    佐幸
〈席題三句投句/三句選句〉
「雪下し」「探梅」「春近し」
◎手力男一掻きにして雪下し    和子
◎雪下すましろき龍を下ろすかに  千方
◎目覚ましを止めて明るし春近し  はるみ
◎探梅のまだまだ遠き空であり   昌子
◎雪下し囲炉裏に酒を熱くして   麻衣子
◎泥濘は光にあふれ梅探る     遊歩
◎探梅やはぐれて一人梅の中    雅子
 いざ共に蓬莱島へ梅探る     洋
 探梅や神と仏の国に生き     あけみ
 草の芽の歌ひ出したり探梅行   宣行
 良寛の小さな庵雪下し      和子
 探梅や名残の雪の笹分けて    寛子

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.