俳句甲子園 20年 付録(2)秀句と出会う喜び

名実ともに「俳句甲子園」の産みの親である夏井いつきさんが、

「俳句甲子園」の魅力について寄稿していました。

勝ったといっては泣き。負けたといっては泣く高校生の姿に涙する。

次のとおりです。

 

今日は敬老の日、いつきさんは老人ホームへ行きました。

 

 

 

 

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.